太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  著者一覧 >  網野善彦

網野善彦(あみのよしひこ)

1928年生まれ、歴史研究者。専攻は中世日本史。2004年没。著書に『無縁・公界・楽』『日本論の現在』『正続 日本の歴史をよみなおす』『日本社会再考』『日本社会の歴史』ほか多数。

発行日:

1 件

公論よ起これ!「日の丸・君が代」 法制化論議のなかで日の丸・君が代の封印を解く

公論よ起これ!「日の丸・君が代」
法制化論議のなかで日の丸・君が代の封印を解く

「日の丸・君が代」法制化の問題点は何か。歴史・政治・教育の第一線の著者たちが、その検討の多角的な視点を提出する。ダグラス・ラミス、徐京植、網野善彦、関曠野、家本芳郎、無着成恭、新崎盛暉、和仁...

  • 1999年06月発行
  • 菊判・並製 200ページ
  • 本体 2000円+税
  • ISBN 978-4-8118-0652-5
  • C0036

在庫あり

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて