太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  書籍  >  遠山啓の本

遠山啓の本

推薦・読者の声

発行日:  件数:

36 件中 1 ~ 10 件を表示

遠山啓 行動する数楽者の思想と仕事

遠山啓 行動する数楽者の思想と仕事

遠山啓とはなにものか──。 1950年代から60年代、いまも読み継がれる『無限と連続』『数学入門』を著し、数学教育の改革を提唱して「水道方式」「量の体系」を創出。 障害児への教科教育の道を...

  • 2017年03月発行
  • 四六変・上製 400ページ
  • 本体3000円+税
  • ISBN 978-4-8118-0799-7
  • C0041

未刊予約受付中

Taroブック・Jiroブック かけがえのない、この自分

Taroブック・Jiroブック
かけがえのない、この自分

学校に絶望した若者、心を閉じる生徒に悩む教師、5段階評価に苦しむ子どもと母親、有名大学で留年しつづける学生……。さまざまな教育への問いをめぐって、人間を点数で序列づける病理をつき、再出発の原...

  • 1995年04月発行
  • 四六判・上製 216ページ
  • 本体 1456円+税
  • ISBN 978-4-8118-0451-4
  • C0010

在庫あり

Taroブック・Jiroブック いかに生き、いかに学ぶか

Taroブック・Jiroブック
いかに生き、いかに学ぶか

高校進学を拒否した作家志望の女の子との往復書簡。働きながら、どのように生き、学ぶか。人間とはなにか、生・死・愛について、仕事と地位をめぐって、人生観・世界観をどう身につけるか、若者にとっての...

  • 1995年04月発行
  • 四六判・上製 216ページ
  • 本体 1456円+税
  • ISBN 978-4-8118-0452-1
  • C0036

在庫あり

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて