太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  ニュース・トピックス

ニュース・トピックス

件数:

248 件中 1 ~ 10 件を表示

【更新情報】webマガジン[Edit-us]6本の記事をアップしました

6本の記事をお届けします。 アイドルとのつきあいかた│特別編│コロナ禍があぶりだしたオタクの業│ロマン優光 2020年からの新型コロナの蔓延はアイドル現場の様相を大きく変えた。いや、変えたというか、第一回目の緊急事態宣言の影響で、観客を入れたライブというものが約2か月半~3か月ものあいだ、完全に失われてしまった。無観客でのライブ配信、リモート特典会という手段で対応をしていたとは...

頭のなかには何がある?

6/26(日)「子どもに話したくなる脳のフシギ」開催

世界は知りたいことであふれている! イタリアの人気児童文学作家が贈る、疑問を探究するノンフィクションシリーズ「いざ! 探Q」。 その創刊を記念して、神田神保町のブックハウスカフェでイベントを開催します。 本シリーズの「脳」編、『頭のなかには何がある?』の日本版監修を務めた脳神経科学者の毛内拡さんが、人間が生きるためのすべてにかかわる脳のフシギを、お子さんにも伝えられるかたちで解説しま...

【訃報】里見実さん

里見実さんが2022年5月9日に亡くなられました。 以下に小社で手がけていただいたご著書・訳書・編書を列記してお仕事をふりかえり、弔意と謝意を示します。 ご葬儀はご家族のみで営まれ、供花・香料などは辞退されるむね承っております。 □著書 学校を非学校化する──新しい学びの構図  1994年 1─教師が教え、生徒は教えられる。2─教師がすべてを知り、生徒は何も知らない。3─...

【更新情報】webマガジン[Edit-us]7本の記事をアップしました

あわせて7本の記事をお届けします。 最終回│正義をめぐって会話する「われわれ」(朱喜哲) 本連載を通じてずっと、広い意味で「政治」といえること——つまり、どうやって異なる利害をもったわたしたちがいっしょになって社会を営むことができるのか——をめぐって会話をするために必要な「正しいことば」の使い方を考えてきました。最終回となる今回は、こうしたことばを使って会話し、共生する「われわ...

【更新情報】webマガジン[Edit-us]7本の記事をアップしました

今月から1本の連載がスタート、あわせて6本の記事をお届けします。 【新連載】 第1回 「カテゴリー」って、なんだろう?(木下理仁) こんにちは。お元気ですか。サヘルさんとこうして「手紙」のやりとりができることになり、とてもうれしいです。今回の申し出を受けてくださったこと、とても感謝しています。 サヘルさんがテレビで活躍している様子は以前からよく見ていました。そして、生まれ...

下山の哲学

※終了しました【イベント情報】2022年4月16日(土)『下山の哲学』竹内洋岳サイン会@モンベル名古屋店

毎回、大勢の方が足を運んでくださるプロ登山家・竹内洋岳さんの『下山の哲学』サイン会。新型コロナウイルス感染拡大により延期となっておりましたが、4月16日(土)13−17時、モンベル名古屋店にて開催します。 東海地方には熱心に登山をされる方が多く、名古屋での開催を待ち望む声を受けて実現することになりました。名古屋でのサイン会は初となります。竹内さんとお話ししたり、いっしょに写真を撮ったりもでき...

下山の哲学

※終了しました【イベント情報】2022年4月17日(日)『下山の哲学』著者・竹内洋岳さんの対談イベント開催

『下山の哲学』著者でプロ登山家の竹内洋岳さんとアドベンチャーランナー・北田雄夫さんによる対談イベント「冒険とスポーツのあいだ:8000m峰14座登頂×世界7大陸走破。限界への挑戦をめぐる対話」を開催します。MCは、『あこがれのアスリートになるための50の挑戦』シリーズの訳者・有北雅彦さん。かたや高所登山、かたやアドベンチャーマラソンという方法で人間の限界に挑む冒険者ふたりのトークセッションを、春の...

【更新情報】webマガジン[Edit-us]7本の記事をアップしました

7本の記事をお届けします。 第1回(第2期) コミュニティ──見果てぬ夢か、すぐそこにある希望か(熊本博之) かつて内閣府に「国民生活審議会」という首相の諮問機関があった(2009年廃止)。「国民の生活を審議する」なんて、なんだか私たちのプライバシーにまで踏み込んできそうな怖さを感じる名前だが、実際のところは、国民の生活を安定させたり向上させたりするための政策や、消費者の利益を...

下山の哲学

【イベント情報】竹内洋岳サイン会延期のおしらせ

明日、1月15日(土)にモンベル名古屋店にて開催を予定しておりました竹内洋岳サイン会は、 新型コロナウィルス第6波の感染が急拡大している状況に鑑み、延期いたします。 直前の決定となり、たのしみにしていただいたファンの方々にお詫び申し上げます。 開催の日程につきましては、状況を慎重に考慮したうえであらためて決定し、発表いたします。...

【更新情報】webマガジン[Edit-us]6本の記事をアップしました

6本の記事をお届けします。 第6回 国籍が「水」や「空気」のようだと思う理由(サンドラ・ヘフェリン) 木下さんが書かれていたインターネットでの「外国人」や「外国にルーツのある人」へのヘイト問題、ほんとうに悲しいです。朝鮮学校の文化祭のことを書かれていましたね。在日朝鮮人は何世代にもわたり日本で生活しているのに、日本の一部の人がなぜ彼らを「仲間」だと認めようとしないのか……。答え...

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて

太郎次郎社エディタスについて