太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  著者一覧 >  大沢敏郎

大沢敏郎(おおさわとしろう)

1945年、岐阜県に生まれる。1980年より、日本の三大簡易宿泊所(ドヤ)街のひとつといわれている横浜・寿町で、十分な学校教育をうけることのできなかった人たちとの識字実践活動をはじめる。文字の読み書きができるかできないかということにかかわらず、人間が生きることの深い学びとして、四半世紀にわたりつづけられた。2007年没。

発行日:

1 件

生きなおす、ことば 書くことのちから──横浜  寿町から

生きなおす、ことば
書くことのちから──横浜 寿町から

日本の三大ドヤ街の一つ、横浜寿町。教育の機会を奪われ、読み書きができないために地を這うように生きてきた人々がいる。この街で識字学校を主宰する著者と、文字を学ぼうとする人々との交流、彼らが書い...

  • 2003年10月発行
  • 四六判・並製 224ページ
  • 本体 1800円+税
  • ISBN 978-4-8118-0711-9
  • C0036

在庫あり

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて