太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  著者一覧 >  木村真三

木村真三(きむらしんぞう)

科学者(放射線衛生学)。1967年生まれ。福島第一原発事故がおきたすぐあとから、福島県で放射能汚染の調査を行う。そのようすを放映したNHK・ETV特集「ネットワークで作る放射能汚染地図」が大きな話題をよぶ。同時に、チェルノブイリの調査もつづけている。

だれもが放射線から身を守れるようになるため、市民科学者養成講座や、子どものための「キュリー学園」を福島県内で開催している。朝日新聞連載「プロメテウスの罠」でも活動と経歴が紹介された。獨協医科大学准教授。

発行日:

1 件

放射線になんか、まけないぞ! イラストブック

放射線になんか、まけないぞ!
イラストブック

私たちは、何に、どう気をつけて、生活していけばいいの?─子ども自身が学べる日々の注意点と、放射線の基礎知識。大人も迷う除染の進め方や「数値」とのつきあい方。子どもと大人が一緒に学べる、みんな...

  • 2011年12月発行
  • B5変判・並製 48ページ
  • 本体1200円+税
  • ISBN 978-4-8118-0750-8
  • C8742

在庫あり

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて