太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  著者一覧 >  「現代」の授業を考える会

「現代」の授業を考える会(げんだいのじゅぎょうをかんがえるかい)

1994年に発足。全国「ひと」塾での分科会「現代社会の授業を考える」が前身。年6回ほどの研究会で、「現代」の姿を子どもとともに見つける授業を追求している(世話人・千葉保)。首都圏の小・中・高校の教師、学生、市民、研究者といった多様なメンバーが実践をもちよる。年に1度の海外ツアーや長野県佐久の山林での間伐支援などをつうじて、実地に即してともに学ぶ活動もおこなう。

発行日:

1 件

「ひと」BOOKS エネルギーと放射線の授業

「ひと」BOOKS
エネルギーと放射線の授業

電気も選んで買える? 夏でも4℃を保つ非電化冷蔵庫って? さまざまな角度からエネルギーについて考え、放射線とは何かをきちんと知って身を守る。原発事故後の世界を生きるために、子どもとともに学び...

  • 2011年11月発行
  • A5判・並製 160ページ
  • 本体1800円+税
  • ISBN 978-4-8118-0749-2
  • C0037

在庫あり

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて