太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  著者一覧 >  田嶋陽子

田嶋陽子(たじまようこ)

田嶋 陽子(タジマ ヨウコ)
1941年、岡山県に生まれ、静岡県で育つ。
津田塾大学大学院博士課程修了。現在、法政大学教授。
大学で英文学・女性学を教える一方、テレビ、ラジオ、雑誌などをとおして、フェミニズムの原点を説く。海外のメディアでも活躍。
専攻の英文学・女性学では、女性学の視点から作品を読みなおし、これまでの文学論の解体、再構築をこころみ、注目されている。
◎おもな著書
『フィルムの中の女–ヒロインはなぜ殺されるのか』(新水社、1991)、
『もう「女」はもうやってられない』(講談社、1993)、
『恋をしまくれ–私の体験的恋愛論』(徳間書店、1994)、
『だから、なんなのさ! 史上最高の田嶋語録』(テレビ朝日、1995)ほか
翻訳に『現代イギリス女流短編集』(共訳、太陽社、1974)、『シベリアの馬ジャンパー』(ぬぷん児童出版、1978)など

発行日:

1 件

愛という名の支配

愛という名の支配

愛するとは、結婚とは、性とは、仕事とは、子育てとは。女と男の抑圧関係をさわやかに超え、〈女らしさ〉の鎖をぶっちぎれ。〈あなたらしさ〉を発見して、大きく大きく〈元気〉になるための本。 ...

  • 1992年11月発行
  • 四六判・上製 232ページ
  • 本体 2000円+税
  • ISBN 978-4-8118-0551-1
  • C0036

在庫あり

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて