太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  著者一覧 >  車育子

車育子(ちゃゆっちゃ)

4歳になる孫から「ハンメちゃん」と呼ばれ、悦んでいる。
ハンメとは、韓国の南の地方の方言。
いわゆる「標準語」では、ハルモニ(祖母)。
私が幼い頃、祖母をハンメと呼んでいた。
懐かしく、あたたかい響き。
手放すことはできなかった。
今後の老年期を謳歌すべく奮闘中の「道端のたんぽぽおばさん」。
たんぽぽの種のように、私の想い、自由にどこまでも飛んでいけ。
1953年、東京都生まれ。

発行日:

1 件

旅する名前 私のハンメは海を渡ってやってきた

旅する名前
私のハンメは海を渡ってやってきた

雨宮処凛さん(作家)評  名前が変わるとは、いったいどういうことだろう。人から様々な名前で呼ばれるというのは、どんな気持ちだろう。逆にそのことは、自分自身の「核」を強く意識させることに...

  • 2007年08月発行
  • 四六判・並製 192ページ
  • 本体 1800円+税
  • ISBN 978-4-8118-0724-9
  • C0036

在庫あり

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて