太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  著者一覧 >  橋之口哲徳

橋之口哲徳(はしのくちてつのり)

1963年生まれ。電機メーカー勤務。小学六年の男の子と小学四年の女の子の父親。地域に開かれた保育園の実現や子育て支援活動で活躍されてきた新澤誠治さんにあこがれ、保育士資格を取得。将来に活かしたいと考えている。子どもの本のなかでも、とくに、小学校高学年向けの児童文学とYAが好き。好きなもの=パット・メセニー、村上”ポンタ”秀一、バンドで演奏していたりライブで音楽を聴いていたりして稀に体験する背筋がゾクゾクとする感じ。

発行日:

1 件

本よみキッズの事件簿 子どもと本と、ときどき大人

本よみキッズの事件簿
子どもと本と、ときどき大人

子どもが本と出会うとき、「事件」は起きる。職員室天井破り事件、カイコに迫る危機、おめでとうクッキーの謎……。日常の小さな「事件」から、子どもの願いや秘密が見えてくる。教室で、図書室で、親子で...

  • 2007年03月発行
  • 四六判・並製 240ページ
  • 本体1800円+税
  • ISBN 978-4-8118-0723-2
  • C8000

在庫あり

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて