太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  著者一覧 >  長谷部香苗

長谷部香苗(はせべかなえ)

1972年生まれ。公共図書館嘱託員を経て都内私立小学校図書室に勤務。小学生で司書に憧れたことを、大学入学後のガイダンスを受けて思い出す。その後もなぜか児童書担当、学校図書館と勤めることができ、さらに子ども発見ライブラリーにも出会った強運の持ち主。小学生のころは、母の大事にしていたマザー・グースの絵本にいたずら書きをし、コロボックルが周りにいるのではと気になり、大きな森の小さな家の食事に惹かれ、近所の猫のしっぽをひっぱっていたっけ。

発行日:

1 件

本よみキッズの事件簿 子どもと本と、ときどき大人

本よみキッズの事件簿
子どもと本と、ときどき大人

子どもが本と出会うとき、「事件」は起きる。職員室天井破り事件、カイコに迫る危機、おめでとうクッキーの謎……。日常の小さな「事件」から、子どもの願いや秘密が見えてくる。教室で、図書室で、親子で...

  • 2007年03月発行
  • 四六判・並製 240ページ
  • 本体1800円+税
  • ISBN 978-4-8118-0723-2
  • C8000

在庫あり

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて