太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  著者一覧 >  平林麻美

平林麻美(ひらばやしまみ)

1964年、東京都生まれ。東京都・小学校教諭。大森・羽田・葛西沖のノリ漁の歴史、多摩川・目黒川・荒川の歴史や自然、河口近くの水再生センターでの水処理の方法、東京大空襲の被害などについて、現場や当事者の話を直接聞きながら、子どもとともに学ぶ授業をつくる。東日本大震災直後には、地震や津波、液状化のしくみを知り、避難生活について考える授業をいち早く開始した。

発行日:

1 件

「ひと」BOOKS エネルギーと放射線の授業

「ひと」BOOKS
エネルギーと放射線の授業

電気も選んで買える? 夏でも4℃を保つ非電化冷蔵庫って? さまざまな角度からエネルギーについて考え、放射線とは何かをきちんと知って身を守る。原発事故後の世界を生きるために、子どもとともに学び...

  • 2011年11月発行
  • A5判・並製 160ページ
  • 本体1800円+税
  • ISBN 978-4-8118-0749-2
  • C0037

在庫あり

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて