太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  著者一覧 >  府川源一郎

府川源一郎(ふかわげんいちろう)

一九四八年、東京生まれ。横浜国立大学大学院教育学研究科修了。川崎市の公立小学校で普通学級、障害児学級を担任。横浜国立大学教育学部付属鎌倉小学校教諭を経て、現在、同大教育人間科学部教授。おもな著書に、『消えた「最後の授業」-言葉・国歌・教育-』(大修館書店、一九九二)、『「国語」教育の可能性』(教育出版、一九九五年)、『文学すること・教育すること-文学体験の成立をめざして』(東洋館出版社、一九九五)ほか。

発行日:

1 件

過去と記憶の“リ・メイキング” 学校時代の「事件」に出会いなおす方法

過去と記憶の“リ・メイキング”
学校時代の「事件」に出会いなおす方法

学校時代の忘れられない出来事。その場に立ち会った教師・友人・親の証言を得て、14人の大学生が出会いなおした学校体験。他者の目を獲得し、記憶を複眼でみて再編集する。それを書くことで何が起こった...

  • 1998年08月発行
  • 四六判・並製 184ページ
  • 本体 1800円+税
  • ISBN 978-4-8118-0646-4
  • C0036

在庫あり

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて