太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  ニュース・トピックス >  ※終了しました【イベント情報】私は本屋が好きでした●2020年2月29日(土)永江朗(聞き手:大井実)『「私は本屋が好きでした」発売記念/永江朗さんトークイベント』@福岡・ブックスキューブリック箱崎店

※終了しました【イベント情報】私は本屋が好きでした●2020年2月29日(土)永江朗(聞き手:大井実)『「私は本屋が好きでした」発売記念/永江朗さんトークイベント』@福岡・ブックスキューブリック箱崎店

※こちらのイベントは終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

——

2020年2月29日(土)に福岡・ブックスキューブリック箱崎店にて、
店主の大井実さんを聞き手に、『私は本屋が好きでした』の著者・永江朗さんのトークイベントが開催されます。

※ブックスキューブリックさんの本イベント案内ページはこちら

永江朗(ながえ・あきら)
1958年生まれ。ライター。書籍輸入販売会社のニューアート西武(アールヴィヴァン)を経て、フリーの編集者兼ライターに。90~93年、「宝島」「別冊宝島」編集部に在籍。その後はライター専業。「アサヒ芸能」「週刊朝日」「週刊エコノミスト」などで連載をもつ。ラジオ「ナルミッツ!!! 永江朗ニューブックワールド」(HBC)、「ラジオ深夜便 やっぱり本が好き」(NHK第一)に出演。
おもな著書に『インタビュー術!』(講談社現代新書)、『本を読むということ』(河出文庫)、『筑摩書房 それからの40年』(筑摩選書)、『「本が売れない」というけれど』(ポプラ新書)、『小さな出版社のつくり方』(猿江商会)など。

———————————————————————————-
———————————————————————————-
———————————————————————————-

2020年2月29日(土)
永江朗さんトークイベント

『私は本屋が好きでした』(太郎次郎社エディタス)発売記念

●出演
永江朗さん[ライター/『私は本屋が好きでした』著者]
(聞き手)大井実さん[ブックスキューブリック店主]

●日時
2020年2月29日(土)
開場:18:30
開演:19:00

●入場料
2,000円(ワンドリンク付)

●会場
カフェ&ギャラリー・キューブリック[地図]
〒812-0053  福岡市東区箱崎1-5-14 ブックスキューブリック箱崎店2F

●参加方法
①専用申し込みフォームでお申し込み
▼下記の専用申し込みフォームからお申し込みください。
https://forms.gle/4qoovdDLy5W4Vuwa7
②peatixというサービスからも簡単に予約が可能です。
▼下記の「チケットを申込む」ボタンからお申込ください。
こちらからどうぞ。

●イベント詳細
 ライターの永江朗さんの最新刊『私は本屋が好きでした あふれるヘイト本、つくって売るまでの舞台裏』(太郎次郎社エディタス)の発売を記念したトークイベントを2月29日(土)に箱崎店で開催します。

 長年、業界誌で書店の取材を続け、出版・書店業界に最も精通したライターとして知られる永江さん。近年は、NHKの「あさイチ」や「ラジオ深夜便」の出演の他、各誌の連載も多数手がけ、本の紹介者としても広く知られています。

 新刊『私は本屋が好きでした』は、本屋の店頭に、いつの頃からかヘイト本が溢れ出したのはなぜなのかという問題を通して、出版社、取次、書店の現場で起きていることを取材したノンフィクション。書店・出版業界の大半が見て見ぬふりでつくりあげてきた〝憎悪の棚〟を直視し、書店と出版の仕事の実像を明らかにした問題提起の書として大きな話題を呼んでいます。

 当日は、2001年の開店直後に取材していただいて以来交流のあるブックスキューブリック店主大井実が聞き手となり、業界の現状や未来への展望などについて詳しくお話しいただく予定です。業界関係者のみならず、本や書店、出版などに関心のある方々の幅広いご参加をお待ちしています。

関連書籍

私は本屋が好きでした
私は本屋が好きでした

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて