太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  書籍 >  教師たちの犯罪

教師たちの犯罪
若いいのちが壊されていく

教師たちの犯罪 若いいのちが壊されていく

在庫あり

教師たちの犯罪
若いいのちが壊されていく

発行日 1981年01月発行
判型 四六判・上製
頁数 296ページ
価格 本体 1748円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0022-6
Cコード C0036

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • オムニ7
  • e-hon
  • Honyaclub
  • 版元ドットコム

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

1979年、埼玉県上福岡で、いじめを苦にした中学1年の少年が空を飛んだ。そこに、現在に至る現実がすべて露呈している。現在もなお、なぜ、つぎつぎと事件は起こり、子どもたちは死へ疾走してゆくのか?

目次

年表 この子たちの名を呼べ-自殺・十九歳まで…一九七九年六月十八日→八一年九月
投身 見過ごされた生命のシグナル 埼玉県上福岡市
  「学校がいやになりました」
  「自分たちで調査するしかない」
  いま思うと…いま思うと…
  もう、困っちゃうんですよ…
  こういう書き方しかできなかった
  「先生なに考えているのかわからない」
  水面下の教育の闇を見つめる!

林賢一君
一九七九年九月九日、十二歳、中学一年、自殺。東京のベッドタウン。
新調の空手着を身につけ、マンションの十階からとびおりる。
新聞は「学校でいじめられるのを苦にして」と報じた。
同年六月の賢一君自殺未遂事件をたんなる家出事故をとらえていた学校側は、最初、死の原因を「性格上の問題」と報告する。しかし、両親の自主調査により陰湿ないじめ、差別、集団暴力があったことがわかってきた……
  追記-「1」

縊死 校内で起こった連続恐喝 大阪府高石市

中尾隆彦君
一九八〇年九月十六日、十二歳、中学一年、自殺。重化学コンビナート都市。
登校をぐずりながらも家を出た隆彦君は、一時間後、首をつった姿で発見される。
遺書はなかった。記事の第一報はベタ記事扱い。
学校側は「直接の原因は思い当たらない」とコメントした。しかし、数日後、死のかげに隠れていた校内暴力・恐喝リンチの事実が大きく伝えられ、さらに級友の半数が校内での恐喝を知っていたという事実も明らかとなった……

  「ただお金が欲しかったんや」
  「お母ちゃん、信じてほしい」
  われわれはだまされていた……
  学校の責任とは考えてません……
  教師のこころざしが問われている!
  追記-「2」

心中 指導という名の“保安処分” 神奈川県横浜市
  「この子の行く末を悲観して」
  復学の見通しは暗いんです……
  「学校はすっごく勝手なのよね」
  それでも“教育者”と呼ばれる!

岩崎厚君
一九八一年二月十八日、十六歳、高校一年、母の手で絞殺される。
大住宅地と化した横浜の後背地。
息子の首をしめた母も首をくくって絶命した。
新聞の見出しには「非行の息子を道連れ」とある。
前年九月、怠学と喫煙を理由に“自宅謹慎”という指導処置をうけた厚君は、十一月から休学していた。
復学を切望する母子に、学校からは「見通しは暗い」という連絡がはいる……

いまは亡き少年たちに身をおく あとがきにかえて

著者紹介

大島幸夫(おおしまゆきお)

一九三七年、東京生まれ。 毎日新聞社社会部・編集委員・特集版編集部長などを経て、現在は同特別委員。 著書- 『沖縄の日本軍-久米島の虐殺』(新泉社) 『人間記録・戦後民衆史』(毎日新聞社) 『不屈の闘魂・張本勲』(スポーツニッポン新聞社) 『ドキュメント日韓ルート』(講談社) 『沖縄ヤクザ戦争』(晩聲社) 『勇気に風を』(毎日新聞社)など

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて