太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  随想

ことばを求めて
随想
暮らしの流儀をつくる

NoImage

在庫なし

ことばを求めて
随想
暮らしの流儀をつくる

発行日 1984年09月発行
判型 B6判・上製
頁数 240ページ
価格 本体1300円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0042-4
Cコード C0036

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • オムニ7
  • e-hon
  • Honyaclub
  • 版元ドットコム

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

明治以降百年の、とくに高度経済成長以後の教育、学問、考え方の「流儀」をもう一度とらえかえす。大学教授をやめ、〝見習い主夫〟として暮らした十数年の体験から、ひとつのことばを糸口に、異なるやり方・考え方・生き方を求める。



作家・高橋源一郎さんに、『朝日新聞』2015/9/24(木)朝刊の論壇時評で、『随想──暮らしの流儀をつくる』(著●鶴見俊輔)を紹介いただきました。

「『わたし』が主語になった」と題した時評のなかで、60年安保闘争に参加したの人びとの動機を書いた鶴見さんの文を引いたのちに、
「時の権力が『民衆の意見をゆっくりきくこと』がなくなったとき、それに反対する運動は静かに始まるのである」と、評していらっしゃいます。

残念ながら1984年刊の本書は現在、品切・重版未定なのですが、電子書籍版オンデマンド版をご購入いただけます。

著者紹介

関連リンク

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて