太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  鉄を削る

しごとの発見
鉄を削る
町工場の技術

NoImage

在庫なし

しごとの発見
鉄を削る
町工場の技術

発行日 1985年06月発行
判型 A5判・並製
頁数 208ページ
価格 本体 2136円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0049-3
Cコード C0336

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • オムニ7
  • e-hon
  • Honyaclub
  • 版元ドットコム

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

町工場から生まれる〈やわらかな技術〉が、大企業の工場ではできない仕事をこなしてしまうのはなぜか。ありふれた旋盤を使って鉄を削る仕事のなかで、耳は切れ味を聞き、鼻は鉄の匂いをかぐ。よい工場はよい道具を作り、結果として〈人〉もつくりあげてしまう。

目次

I……鉄とのコミュニケーション

  いい音、澄んだ音/銅の色・ステンレス綱の色/旋盤工がなにを言うか/

  鉄は匂うか/体のなかの“カナリア”/ロボットは鉄と語り合えるか

II……手で獲得する人生

   熟練への玄関口/壁紙も鉄も伸びる/左甚五郎の鉋/ウデと指

III……やわらかな技術

   水のなかにドボン/手配師の誤算/“釣竿”を削る

コラム◎紙の上で鉄を削った

IV……ハンドルのない機械

   これまでの旋盤とNC旋盤/NC入門/わたしの職業訓練大学

V……技術の“いま”

   熟練の意味/芯出しをめぐる技術/職場がいきいきするとき/

   バイトが退化する/技術の復権

著者紹介

小関智弘(こせきともひろ)

1933年、東京生まれ。 都立大学附属工業高校卒業後、旋盤工として町工場に勤務する。 そのかたわら、執筆活動をつづけ、作品を発表する。 ◎おもな著書 『大森界隈職人往来』(朝日新聞社、81年)--第8回日本ノンフィクション賞 『粋な旋盤工』(風媒社)、『春は鉄までが匂った』(晩聲社)、『羽田浦地図』(文芸春秋)ほか

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて