太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  癒しのワークショップ

癒しのワークショップ
子育て,自分育ち

癒しのワークショップ 子育て,自分育ち

在庫あり

癒しのワークショップ
子育て,自分育ち

発行日 1990年06月発行
判型 四六判・上製
頁数 224ページ
価格 本体 2000円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0095-0
Cコード C0036

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • オムニ7
  • e-hon
  • Honyaclub
  • 版元ドットコム

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

子育てに疲れたり、イライラしたりしていませんか。自分一人、孤独感に襲われ、疎外感を味わっていませんかからだと心を解放する試みからどんな”癒し”が生みだされていったか。どうすれば、自分を開き、表現し、人と人とのいい関係をつくりだしていけるか。

目次

[はじめに]〈からころ〉とは、なにか
[I]からだは無意識を表現する
   姿勢・しぐさ・癖は、なにを語るか
   ことばでは言えないから泣くんだ
   人まえですなおに自分を出せない
   私たちのなかに棲む鬼とは
[II]ワークで癒される
   他者に出会う、自分に出会う
   思いをまっすぐにぶつけあえるからだをつくる
   たてまえの子育てを断ちきって
[III]自分のからだにふかく触れる
   いい子ちゃんシンドローム
   大人になれない、なりたくない
   心理ドラマ「親殺し」のワーク
[IV]ハンディキャップを個性として生きる
   チック症状の背後に、なにがある?
   ぜんそくは気管支が流すなみだ
   自閉症児にもたしかな成長がある
   吃音者でよかったね
[V]こころの病は、人間関係の病
   子どもの歪みは、大人への問いかけ
   親が変われば、子どもも心を開く
[おわりに]歪みのない人間関係とは

著者紹介

松井洋子(まついようこ)

1947年、堺市に生まれる。大学卒業後、竹内敏晴のレッスン、野口三千三氏の体操に出会い、からだ・こころ・こえに対する新しい感覚に目覚める。 その後、人と人との交流による自己成長のワークショップにも参加。竹内・野口両氏の実践に学びつつ、やがて自身もトレーナーとしての活動をはじめる。 現在、障害児・ぜんそく児のからだ・こころ・こえを育てるレッスンを指導。ボディーワークを基礎に、サイコセラピー、演劇、ダンスなどを柔軟にとりいれた独自のレッスンを創造し、「癒しのワークショップ」を各地で行っている。「大阪からだとこころの出会いの会」主宰。 著書に『癒しのワークショップ』『ワークショップ人と人との「あいだ」』『からだで、おはなし──親と子のふれあい体操』(以上、小社刊)、『癒しのボディワーク』(創森出版)。『女のエロス  男のエロス』(青弓社)など。

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて