太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  書籍 >  ありのままの自分がいい

ありのままの自分がいい
少年期・思春期のセクシュアリティ

ありのままの自分がいい 少年期・思春期のセクシュアリティ

在庫なし

ありのままの自分がいい
少年期・思春期のセクシュアリティ

発行日 1991年07月発行
判型 AB判・上製
頁数 80ページ
価格 本体1800円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0110-0
Cコード C0037

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • オムニ7
  • e-hon
  • Honyaclub
  • 版元ドットコム

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

おとなになりはじめたあなたの変化について、まわりのおとなたちはあまり教えてはくれません。友だち同士でだって話しづらいことだってあります。そうしたあなたのからだやこころの不安に答える本。★ニュージーランド図書館協会子どもノンフィクション大賞受賞

目次

●あなたとあなた自身のからだ
 気持ちいいってこと/1人ひとりが違ってみえるってこと/
 違うってことはあたりまえ/そのままの自分の姿でいいと感じられたら/
 ハダカになって/からだについて話そうよ/あなたたちのからだ。内側と外側/
 なぜ男の人と女の人は違うのか/変化もいろいろ–ぜんぶだいじょうぶ/
 からだの内側の変化/女の子:生理って何?/生理のサイクルについてさらに詳しく/
 男の子:性的に成熟するということ/からだに起こるステキな気分と興奮/あなたのからだとほかの人

●あなたとあなた自身の気持ち
 気持ちを知ることは、いろいろ役に立つこと/気持ちをオープンにしてあげること/
 自分の気持ちを大切にしよう/変わっていく気持ちや考え

●あなたとほかの人たち
 いっしょに住んでいる人/友だち/ありのままのあなたがステキ!

著者紹介

クレア・パターソン(ぱたーそん,C.(くれあ))

パターソン,C.(クレア) ニュージーランド、オークランド出身、在住。2児の母。 オークランドの家族計画協会の教育ディレクターとして7年間、セクシュアリティの全側面を対象に仕事をしたのち、健康をテーマにした著述と研究活動を行ないながら、フリー・コンサルタントとしても活動。 この本(原題『it's OK TO Be You!』)により1990年、ニュージーランドの図書館協会子どもノンフィクション大賞を受賞。

eqPress(いくぷれす)

スタッフ--小野あかね、安積遊歩、榊原智樹、池田悦子。 equal(対等)な express(表現)をテーマに活動する翻訳グループ。

推薦のことば・読者の声

20代・女性

『ありのままの自分がいい』読者の声

子ども達が「こころ・からだ」のしくみや変化についてもつ、悩み、疑問に対して適確に、しかもわかりやすく答えてくれる良書です。イラストに出てくる人物や会話がユーモラスでとても身近に感じることができるのではないでしょうか。図もわかりやすいです。

もっと見る

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて