太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  書籍 >  息子殺し

息子殺し
演じさせたのはだれか

息子殺し 演じさせたのはだれか

在庫あり

息子殺し
演じさせたのはだれか

発行日 1993年12月発行
判型 四六判・上製
頁数 232ページ
価格 本体 2000円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0562-7
Cコード C0036

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • オムニ7
  • e-hon
  • Honyaclub
  • 版元ドットコム

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

「殺さないでくれ!」と叫ぶ息子をめった刺しにした両親。その減刑を嘆願する85000人余の署名。なぜ世論は子殺しに同情的なのか? 92年におきた高校教師の息子殺害事件。関係者、各界からの証言で事件の本質に迫る。

目次

息子殺しを演じさせたのはだれか–斎藤茂男
【1景】八万五千人の共鳴
問題提起・親の子殺しは正当化されるか–友田陽子
異端排除への加担 嘆願署名運動の実情とその恐ろしさ–野辺明子
わたしはこう想う 友田レポートを読んで
自分の子育てを問われた親たち 市民学習会からのレポート–平野和弘
私が“あの母親”だったら 正しい子育てってなに?–家永史子
【2景】彼はこんな若者だった
“ぼくは仮面をかぶせられていた”友人たちの描くJUN–藤井誠二
恵まれた環境のなかで葬られた自立 “罪はすべておまえにある”の論理–山崎哲
【3景】下手人はだれか
子殺しに共鳴する論理 判決の“精神医学的分析”を分析する–平野和弘
血の海のなかの黙示録 親を死刑執行人にさせるもの–斎藤茂男
【4景】現代家族の病理
模範的核家族の虚偽と崩壊 生産力主義の旧世代をどう超えるか–関曠野
権力的統制と化した日本の子育て マクロ・ポリティックスと家庭・学校–竹内常一
空白のセリフ あとがきにかえて–斎藤茂男

著者紹介

斎藤茂男(さいとうしげお)

1928年生まれ。フリーのジャーナリスト。元・共同通信記者。 『妻たちの思秋期』など一連の「日本の幸福シリーズ」ほか、ルポルタージュや連載記事で数々の賞を受ける。 ◎おもな著書 『日本の情景』(岩波書店)、『教育ってなんだ(上・下)』『父よ母よ!(上・下)』(ともに太郎次郎社)『斎藤茂男取材ノート1~5』(築地書館)など

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて