太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  書籍 >  癒しのセクシー・トリップ

癒しのセクシー・トリップ
わたしは車イスの私が好き

癒しのセクシー・トリップ わたしは車イスの私が好き

在庫あり

癒しのセクシー・トリップ
わたしは車イスの私が好き

発行日 1993年11月発行
判型 四六判・上製
頁数 232ページ
価格 本体 2000円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0623-5
Cコード C0036

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • オムニ7
  • e-hon
  • Honyaclub
  • 版元ドットコム

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

小さいときから否定されてきた障害のある自分が、セクシュアリティを求める遍歴のなかで、自己信頼を回復する。上野千鶴子さん評…自己否定感から自分をとりもどす闘い。それは前人未踏の冒険、こころとからだのトリップだ。

目次

一章 隔離のなかの性的抑圧
   愛のかたちは愛しあってる二人が決める
   障害は治すものとの幻想にふりまわされる
   見方がだれもいない施設で暮らしはじめる
   「ごめんなさい」「ありがとう」を強要される
   私は医学のモルモットじゃない!
   こころをマヒさせて屈辱を乗りきる
   「怖い!」とさえ言えない気持ちを抱えこむ
   オーストラリアの医者は白衣さえ着ていない
   「あなたが好き」と言えなくなってしまった
二章 押しつけられた自己否定
   エネルギーの出口は怒りしかなかった
   就学差別の壁に阻まれる
   クラスのなかに点数以外の価値観が育つ
   自己否定感を抱えて閉じこもる
   追いつめられ、ひたすら死を思う
   癒しのひとときに身をゆだねる
三章 私のセクシュアリティー
   なかまと出会って街に出る
   車椅子をつかってもいいんだ!
   だれでも、たっぷり感じる心をもっている
   初恋にからだへの受容を追い求める
   自分が女性であることを確認したい
四章 私のなかにもある差別するこころ
   なぜ障害のない人にしか心ひかれないのか
   運動のなかで恋人と共同生活をはじめる
   二十四時間、差別とたたかう
   その人はその人のままで、それでいい
   セックスを性交のなかに封じこめていた
五章 車椅子で体験したアメリカ
   ギプスのなかでアメリカにあこがれる
   ホーム・ステイでアメリカ流の自立を味わう
   ボランティアを問いなおす
   わかりあいたさが、ことばの壁を取りはらう
   “人とちがって当然”という社会に心やすらぐ
   バークレーでは生活すべてがフェミニズムだった
   セクシュアリティーの多様さに感嘆する
   ここちよさの共有こそがセックスだ
   自立を支えるピア・カウンセリングを知る
   自分の生きたいように生きていいんだ!
六章 性差別の厚い壁
   アメリカから帰って、自由から抑圧へ
   自由に生きていいんだ、だから、結婚へ
   結婚に憧れて“内縁”の暮らしをはじめる
   性差別にみちた結婚に打ちのめされる
   長きにわたった結婚願望もやっと幕!
   「イヤだ」という自分の気持ちを大事にする
   人を愛する気持ちにタブーなんてない
   セクシュアリティーにロール・モデルはない
七章 キズの癒し
   抑圧された感情を解き放ってキズを癒す
   コウ・カウンセリングは自己信頼を回復する
   泣いていいんだよ、怒っていいんだよ
   恐怖にみちた大人が子どもを追いつめる
   自分のこころを感じてことばにする
   一人ひとりの自己変革が社会を変える
   キズだらけの自己を抱きしめて立ちあがれ

著者紹介

安積遊歩(あさかゆうほ)

1956年、福島県生まれ。生後約40日で「骨形成不全症」と診断される。1983年から半年間、アメリカのバークレー自立生活センターで研修を受け、ピア・カウンセリングを日本に紹介。障害をもつ人の自立をサポートする〈CIL くにたち援助為センター〉代表。コウ・カウンセリングの日本におけるエリア・リーダー。実践自然保護団体〈日本熊森協会〉顧問。立教大学コミュニティ福祉学部兼任講師。 著書に『癒しのセクシー・トリップ』『車イスからの宣戦布告』『いのちに贈る超自立論』、共著に『女に選ばれる男たち』(以上、小社刊)、『生の技法』(藤原書店)、共訳書に『自分を好きになる本』(径書房)などがある。

推薦のことば・読者の声

30代・女性

『癒しのセクシー・トリップ』読者の声

面白くて、一晩で読んだ。“ふつう”と違うことを排除しようとする制度やそれを支えている人々の意識(思いこみ)に抗しながら、“私自身”を肯定していくことの大変さと大切さが伝わってくる。著者の視点は、爽快で魅力的。

もっと見る

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて