太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  書籍 >  無着成恭の詩の授業

無着成恭の詩の授業

無着成恭の詩の授業

在庫あり

無着成恭の詩の授業

発行日 1982年06月発行
判型 B6変判・上製
頁数 373ページ
価格 本体 2000円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0700-3
Cコード C0036

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • オムニ7
  • e-hon
  • Honyaclub
  • 版元ドットコム

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

詩と出会った中学生たち。どれほど深く詩の世界を感得し、それを自分自身の生き方にとりこんで読み、味わい、楽しむか。子どもが心を開いたとき、その個性的でみずみずしい感性がほとばしる。無着成恭の授業実践記録。

目次

プロローグ 自分の名前
生命のよろこび[春の歌…草野心平]
奪われた自由[ぼろぼろな駝鳥…高村光太郎]
自分自身を生きる[表札…石垣りん]
挑みへの出立[峠…真壁仁]
自分を愛する心[奈々子に…吉野弘]
愛は照らし続ける[ランプのように…丸山薫]
自然が絶滅する[葦の地方…小野十三郎]
楽しき玩具 俳句・短歌を教えてみて
エピローグ 無着先生さようなら
私の愛唱詩抄…この六年間に授業で扱った詩・作品
あとがき

著者紹介

無着成恭(むちゃくせいきょう)

1927年(昭2)、山形市沢泉寺に生まれる。1948年(昭23)、教職についてから83年(昭58)に退職するまでの35年間、1951年『山びこ学校』(現・角川文庫)、70年『続、山びこ学校』(むぎ書房刊)、82年『詩の授業』(太郎次郎社刊)などの実践を公刊する。それらは戦後民主主義のシンボルとして評価されている。退職後、僧職に。点数だけで子どもを評価しない会(点廃連)の会長として、ラジオ、電話などによる教育相談、仏教相談に携わるほか、難民救済活動に参加している。第1回斎藤茂吉文化賞受賞(1955年)、第3回正力松太郎賞受賞(1979年)。ほかに著書多数。

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて