太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  書籍 >  その手は命づな

その手は命づな
ひとりでやらない介護、ひとりでもいい老後

その手は命づな ひとりでやらない介護、ひとりでもいい老後

在庫あり

その手は命づな
ひとりでやらない介護、ひとりでもいい老後

発行日 2004年11月発行
判型 四六判・並製
頁数 288ページ
価格 本体 1900円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0715-7
Cコード C0036

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • オムニ7
  • e-hon
  • Honyaclub
  • 版元ドットコム

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

介護する側・される側、どちらの人生も大切にしたい。そんなシステムをつくりたい。おたがいさまの他人同士だからやれる。「まごころヘルプ」から「地域の茶の間」「うちの実家」へと広がる、人の手ネットを創った女性たち。

目次

序章…やわらかな命づな
    これからヘルプに行きます●病気で人生変わったよ

一章…おんな四十代、それぞれのスタート    
    待たれていたメッセージ●十年先をよめば痴呆も怖くない
    生と死と家族の風景●産みの苦しみ

二章…人の手を借りて生きるということ
    だれも生きることをあきらめてはいない
    壊れても不自由でも私の人生●ノーマライゼーションの樹

三章…介護はゴールの見えないマラソン
    家族の異変に気づくとき●介護家族に休息なし
    いい看取りこそ家族の役目

四章…いつもお年寄りのそばに
    老人ホームがはじまり●闘病から決断へ
    生きてていいよ

五章…援助とは、自立支援とは
    する側の都合は、される側の不都合
    行政と市民のパートナーシップって?
    カツ子さんの回復のプロセス

六章…次世代につなぐヘルプの手
    世代交代●虐待に他人のヘルプを
    現場でしか学べない

七章…まちへ──「地域の茶の間」と「うちの実家」
    家の外へ、まちへ、人のなかへ
    「うちの実家」にいらっしゃい
    八十七歳、ミセさんのストレス

終章…おたがいさまの他人同士で
    豪雨水害でもらった宝物●長続きの秘訣
    いずれはだれもが通る道

著者紹介

横川和夫(よこかわかずお)

1937年生まれ。ジャーナリスト。元共同通信編集論説委員。 教育や子ども・若者・家族問題を中心に、日本社会の矛盾が表出する現場を一貫して追いつづけてきた。1993年、日本新聞協会賞受賞。 浦河べてるの家を描いた『降りていく生き方』をはじめ、『不思議なアトムの子育て』(以上、小社刊)、『もうひとつの道』『心を癒す場』『大切な忘れもの』『仮面の家』『かげろうの家』『荒廃のカルテ』『熱い鼓動』(以上、共同通信社)など著書多数。

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて