太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  書籍 >  カミングアウト・レターズ

カミングアウト・レターズ
子どもと親、生徒と教師の往復書簡

カミングアウト・レターズ 子どもと親、生徒と教師の往復書簡

在庫あり

立ち読み

カミングアウト・レターズ
子どもと親、生徒と教師の往復書簡

発行日 2007年12月発行
判型 四六判・並製
頁数 232ページ
価格 本体1700円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0725-6
Cコード C0036

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • オムニ7
  • e-hon
  • Honyaclub
  • 版元ドットコム

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

同性愛の若者から親へ。生徒から教師へ。カミングアウトの手紙とその返信集。18歳〜82歳までの家族の物語が綴られる。初めてうちあける子どもの思い。母親の驚き、葛藤、そして受容。同性愛者の子をもつ親の座談も収録。

目次

I 母へ、息子へ、娘へ──家族のなかのマイノリティ
letter 1 母さん、あのとき泣いてたか
letter 2 レインボーマーチのある街で
letter 3 息子と世間と小説と
letter 4 二十歳を迎える勇太へ
letter 5 はじめから私の答えはひとつ
■カミングアウト・ストーリー1 岸田さん父子のこと

II 先生へ、生徒だったあなたへ──教室のなかのマイノリティ
letter 6 「ムーミン谷とマイノリティ」レポートにこめたもの
letter 7 当事者であることを選ぶ、ということ
■カミングアウト・ストーリー2 朝原さんの高校でのこと

III この本を読んでくれたあなたへ
座談 なにがあっても、わが子ですもの
──レズビアン・ゲイの子をもつ親として
解説 カミングアウトを考えているあなたへ、
カミングアウトを受けたあなたへ。

[巻末資料]あなたと、その周囲の人のためのコミュニティリソース

著者紹介

RYOJI(りょうじ)

アクティビスト。1973年生まれ。ゲイ・リブの次世代として、エイズ時代のゲイ・アクトを模索し、2000年頃より、まち場からのHIV予防啓発メッセージを発信。2001年、厚生労働省疫学研究班のプロジェクトに参加し、現在のRainbow Ringの創始期デザインに関わる。同時期、グループ「GUTS」の立ち上げに参加、数年にわたり予防啓発イベントを、東京と沖縄のライブハウスで開催。現在、予防行動を妨げない環境づくりを提案、準備している。

砂川秀樹(すながわひでき)

文化人類学者・博士(学術)。東京大学総合文化研究科超域文化科学専攻(文化人類学コース)博士課程単位取得満期退学。1990年より20年以上にわたり、東京で、HIV/AIDSに関する支援活動や啓発に関する研究に関わり、LGBTのパレードなどのコミュニティ活動も牽引。また、文化人類学者として、実践女子大学、東京大学、筑波大学、関東学院大学等で非常勤講師をつとめてきた。2011年に沖縄へ帰郷、レインボーアライアンス沖縄設立。2013年、沖縄で初めてとなるLGBTプライドイベント「ピンクドット沖縄」を共同代表として実現。共編に『カミングアウトレターズ』(太郎次郎社エディタス)。

関連書籍

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて