太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  書籍 >  「ホームレス」襲撃事件と子どもたち

「ホームレス」襲撃事件と子どもたち
いじめの連鎖を断つために

「ホームレス」襲撃事件と子どもたち いじめの連鎖を断つために

在庫あり

立ち読み

「ホームレス」襲撃事件と子どもたち
いじめの連鎖を断つために

発行日 2009年07月発行
判型 四六判・並製
頁数 432ページ
価格 本体2200円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0728-7
Cコード C0036

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • オムニ7
  • e-hon
  • Honyaclub
  • 版元ドットコム

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

「大阪・道頓堀事件」から14年。子どもたちによる「ホームレス」襲撃はやまない。ときに命さえ奪う弱者嫌悪の根源に迫ったルポ。川崎の教育現場にはじまる取り組みとその後の事件・動向を、前著に大幅加筆した完全保存版。

目次

はじめに

■第 I 部 〈ゼロ〉
──大阪「道頓堀川ホームレス殺人」事件 1995─1997

プロローグ

i“事件”の原風景

被災地・神戸の金髪少年
道頓堀の“橋の子”たち
「人間」の街・釜ケ崎
路上に生きた命

ii“弱者いじめ”の連鎖

“いじめ連鎖”という地獄
奪われた自尊感情
拘置所から届いた手紙
いじめる側の真意
強者からの断罪
いのちへの謝罪

■第 II 部 野宿者と子どもたち
──川崎の取りくみ 1995─1997

路上から教室へ
大人たちの自問
子どもたちの本音
共生の場

■第 III 部 いじめの連鎖を断つために
──いま、なにができるか 1997─2009

二〇〇九年、冬
暴発する怒り
殺したものと殺されたもの
自尊感情の回復
いま、私たちにできること

■エピローグ 大切なただ一人のきみへ

あとがき
巻末資料──野宿者襲撃事件・略年表

著者紹介

北村年子(きたむらとしこ)

一般社団法人ホームレス問題の授業づくり全国ネット代表理事。ノンフィクション作家。自己尊重トレーニングトレーナー。 子どものいじめ・自死をなくしたい と十代200人を取材したデビュー作『少女宣言』が話題をよぶ。1990年、釜ヶ崎「こどもの里」に出会い野宿者支援にかかわる。 2010年、女性人権活 動奨励賞・やよりジャーナリスト賞受賞。著書『「ホームレス」襲撃事件と子どもたち いじめの連鎖を断つために』(太郎次郎社エディタス)、『ま、いっかと力をぬいて 幸せなママになるレッスン』(赤ちゃんとママ社)など。

関連リンク

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて