太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  書籍 >  不思議の国のNEO

不思議の国のNEO
未来を変えたお金の話

不思議の国のNEO 未来を変えたお金の話

在庫あり

立ち読み

不思議の国のNEO
未来を変えたお金の話

発行日 2009年05月発行
判型 四六判・並製
頁数 256ページ
価格 本体1700円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0730-0
Cコード C0095

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • オムニ7
  • e-hon
  • Honyaclub
  • 版元ドットコム

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

自律・分散で動く社会「不思議の国」に、中央銀行の設立で乗っとりをはかる「真ん中団」。研究所を脱出した仲間たちが始めたレジスタンスとは? 気鋭のシステム研究者が描く、社会構造を一変させる新しいお金の姿。

目次

一年まえの冒険

序章*ある朝の事件

第1章†虹色のトンネル
旅立ち/時間と空間のはざまで

第2章†不思議の国の夜
それぞれの夜/不思議の国の手形の話

第3章†謎の銀行
大都会フナン・シティへ/真ん中銀行の出現/絵本を探して

第4章†真ん中団の野望
団長マナカ登場/ねらわれた研究所/コモンズの悲劇

第5章†ミライ望遠鏡
未来を見つめる/脱出! スットコホルム研究所

第6章†不思議の国のNEO
フナン・アワーズ/不思議の国のお金の世界

第7章†追跡と逃亡
さらわれたあっちゃんこ/さらなる追っ手

第8章†レジスタンスの結成
シモイーダの正体/誕生、レジスタンコ!

第9章†133ミリ秒の抵抗
RESISTANCE IS FUTILE(抵抗は無用)
RESISTANCO IS FERTILE(レジスタンコはどんどん生みだす)
真ん中団の崩壊

第10章†最後の対決
拳銃と鴨/再出発/共同体(コミュニティ)への帰還

終章†石油文明のあとに
さまがわりした空、さまがわりした海/過去に学ぶ/大空のリボン

本書に登場するキーワード解説

著者紹介

斉藤賢爾(さいとうけんじ)

1964年生まれ。「インターネットと社会」の研究者。 日立ソフト(現 日立ソリューションズ)などにエンジニアとして勤めたのち、2000年より慶應義塾大学SFCへ。2003年、地域通貨「WATシステム」をP2Pデジタル通貨として電子化し、2006年、博士論文「i-WAT:インターネット・ワットシステム─信用を維持し、ピア間のバータ取引を容易にするアーキテクチャ」を発表。 現在は「人間不在とならないデジタル通貨」の開発と実用化がおもな研究テーマ。 慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。一般社団法人アカデミーキャンプ代表理事。 一般向けの著書に『不思議の国のNEO──未来を変えたお金の話』(太郎次郎社エディタス)がある。

山村浩二(やまむらこうじ)

1964年生まれ。アニメーション作家。 多彩な技法で多くの短編アニメーションを制作。『頭山』がアニメーション映画祭の最高峰のアヌシー、ザグレブ、広島をはじめ6つのグランプリを受賞、第75回アカデミー賞にノミネートされる。また『カフカ 田舎医者』がオタワ、シュトゥットガルト、広島など7つのグランプリを受賞。国際的な受賞は60を超える。 代表作はほかに『カロとピヨブプト』『パクシ』『ジュビリー』『年をとった鰐』など。 ヤマムラアニメーション代表、国際アニメーションフィルム協会日本支部理事、日本アニメーション協会副会長、東京造形大学客員教授、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻教授。

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて