太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  書籍 >  犬と猫と人間と

犬と猫と人間と
いのちをめぐる旅

犬と猫と人間と いのちをめぐる旅

在庫あり

立ち読み

犬と猫と人間と
いのちをめぐる旅

発行日 2010年09月発行
判型 四六判・並製
頁数 228ページ
価格 本体1500円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0737-9
Cコード C0095

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • オムニ7
  • e-hon
  • Honyaclub
  • 版元ドットコム

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

はじまりは、1人の「猫おばあちゃん」の思いだった─。日本で飼われている犬猫の数、約2684万匹。一方、「殺処分」されている犬猫は年間28万匹以上。2009年秋に劇場公開され話題を呼んだ同名映画の取材過程を描いたドキュメント。

目次

1 きっかけは猫おばあちゃんだった──何も知らないところからの出発
2 神奈川県動物愛護協会へ──撮影スタート
3 殺処分に向きあう──千葉・神戸の行政施設で
●しろえもんのしつけ 1
4 400頭の「犬捨て山」で──山梨、ボランティアたちの取り組み
●現代ペット事情
5 稲葉さんのこと
6 崖っぷち犬騒動と子どもたち──徳島、ふたつの風景
7 捨て猫とノラ猫と人間と──東京・多摩川、小西夫妻
●しろえもんのしつけ 2
8 獣医師・前川博司さんに聞く──戦中戦後の日本人とペット
9 イギリスのいまを取材する──動物愛護の“先進国”へ
10 最後の撮影──映画の完成へ向けて
11 ドキュメンタリーを作るきっかけ──ぼく自身のことを少し
エピローグ 犬と猫と人間の“それから”
あとがき

著者紹介

飯田基晴(いいだもとはる)

1973年生まれ。96年より新宿でボランティアとして野宿の人びととかかわる。98年よりビデオ、テレビなどで野宿者の状況を発表。フリーで映像制作をおこなう。06年、仲間と「映像グループ ローポジション」を設立。 監督作品として、ドキュメンタリー映画『あしがらさん』(02年)、『今日も焙煎日和』(07年)、『犬と猫と人間と』(09年)、『逃げ遅れる人々』(12年)。プロデュース作品として、DVD「『ホームレス』と出会う子どもたち」(09年・ホームレス問題の授業づくり全国ネット)『犬と猫と人間と2』(13年)などがある。 著書『犬と猫と人間と』(太郎次郎社エディタス)

推薦のことば・読者の声

もっと見る

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて