太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  書籍 >  絵で読む漢字のなりたち

絵で読む漢字のなりたち
白川静文字学への扉

絵で読む漢字のなりたち 白川静文字学への扉

在庫あり

絵で読む漢字のなりたち
白川静文字学への扉

発行日 2010年07月発行
判型 四六判・並製
頁数 128ページ
価格 本体 1350円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0738-6
Cコード C0095

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • e-hon
  • ブックサービス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • 版元ドットコム
  • Honyaclub

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

古代の世界観を映す漢字のなりたちが、絵でわかる本。魅力あふれる切り絵調の絵と、白川静氏による文字解説。125文字のなりたちが物語のように展開し、漢字の形に秘められた意外な意味に驚く。コラムや添え書きも楽しい。

目次

序文 白川漢字世界観の入口……松岡正剛

一章 驚きの字源

二章 漢字の世界観
(一)文字になった動物たち
(二)天に棲むもの
(三)女性とシャーマン
(四)目の呪力
(五)生の儀礼
(六)古代の死生観

三章 カタチを読み解く

おもう心

著者紹介

金子都美絵(かねこつみえ)

イラストレーター。民話や神話を題材にした絵画作品を数多く制作。2000年頃より白川静氏に私淑し、古代の漢字世界を描きはじめる。影絵的な手法で「文字の場面」を表現する独自のスタイルを確立し、著書『絵で読む漢字のなりたち』(2010年)にまとめる。 書籍の絵の仕事に「漢字がたのしくなる本」(テキスト)全6巻、『新版 101漢字カルタ』『新版 98部首カルタ』(以上、小社刊)などがある。

推薦のことば・読者の声

もっと見る

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて