太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  子どものための本・教材 >  らくらく算数ブック 3

スーパータイルのさんすう
らくらく算数ブック 3

スーパータイルのさんすう らくらく算数ブック 3

在庫あり

立ち読み

スーパータイルのさんすう
らくらく算数ブック 3

発行日 1998年06月発行
判型 B5判・並製
頁数 136ページ
価格 本体2095円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0913-7
Cコード C8737

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • オムニ7
  • e-hon
  • Honyaclub
  • 版元ドットコム

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

何万・何億の大きな数も、0.01なんて小さな数も、ぜんぶ計算できる自信がつく。わり算はタイル配りでしくみさえわかれば、「たてる→かける→ひく→おろす」の4拍子でヘッチャラ。水道方式で学ぶ計算の基礎の総まとめ。

見本
見本
見本
見本

著者紹介

石川充夫(いしかわみつお)

元小学校教員。著書に『たのしくわかる 算数2年の授業』(あゆみ出版)、『親子で学ぶ算数教室』(共著、日本書籍)など。

岡田進(おかだすすむ)

1926年生まれ。千葉県で小学校教員を経て、私塾主宰。タイルを使ったさまざまな算数教育の実践で知られる。著書に『らくらく数学テキスト』中学1年(共著、太郎次郎社)、『これなら楽しくできる 漢字の教え方』(太郎次郎社)、『算数 つまずきの診断と治療』(明治図書)、『親子で学ぶ算数教室』(共著、日本書籍)など。

榊忠男(さかきただお)

1927年生まれ。元中学校教員 元数学教育協議会常任幹事 著書に『数学ひとり旅』中学1年~3年(太郎次郎社)、『数は生きている』(岩波書店)、『数学ワンダーランド 悟空とアリスの数学旅行』(国土社)など。

推薦のことば・読者の声

『らくらく算数ブック3』読者の声

小1からこのシリーズを使っています。答えをもとめる技術ばかりのテキストが多い中、こちらの書は、理解する事にポイントをおいて、ていねいに作られているので、私は親としてとてもうれしく思っています。下の子にも消しゴムで消して使わせようと思っています。本当に良い本に出会えてうれしいです。子供も“ワクワク”しながら新しい本をながめています。

もっと見る

関連リンク

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて