太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  書籍 >  「改定教育基本法」下の学校をどう生きぬくか

「改定教育基本法」下の学校をどう生きぬくか
4・7緊急集会の記録

「改定教育基本法」下の学校をどう生きぬくか 4・7緊急集会の記録

在庫あり

立ち読み

「改定教育基本法」下の学校をどう生きぬくか
4・7緊急集会の記録

発行日 2007年11月発行
判型 A5判
頁数 104ページ
価格 本体1000円+税
ISBN ISBN978-4-8118-4030-7
Cコード C0037

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • オムニ7
  • e-hon
  • Honyaclub
  • 版元ドットコム

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

教師に「いじめ」を仕掛けることによって教育を「再生」しようとしているかに見える国家権力の重圧の下で、みずからの仕事の原点を見定め、そこに立ち返ろうとする教師たちの思いはかえって強く、切実なものになっている。
安倍内閣下、強行された教育基本法の「改正」を受けて、教師・父母・市民・研究者が一堂につどった。足もとからの現場報告と、教師へのエール。出口の見えない学校を拓く授業報告と、その検討。2007年4月7日、約5時間にわたり熱心に討議したシンポジウムの全記録。

目次

はじめのことば  里見実
▽第1部 現場でいま、なにが起こっているか
「統治としての教育」を完成させた東京 報告1─鈴木和夫
なぜ新採女性教員は自死したのか    報告2─深沢裕
第1部討論
まず「教師を守れ」から始めよう────────佐藤学
▽第2部 授業づくり・学校づくりの現在と未来──実践報告をもちよって
授業メモ 京王線と日本の近代化   実践報告1─福田恵一
ドッジボールからキャッチボールへ  実践報告2─金子奨
授業づくりのヒントはどこにでもある 実践報告3─千葉保
第2部討論
おわりのことば  里見実
▽付録
今ほど教育が卑しめられている時はない──────平林浩
当日会場でのアンケートから

著者紹介

4・7集会実行委員会(よんななしゅうかいじっこういいんかい)

呼びかけ人(50音順) 安藤多恵子 金子奨 楠原彰 佐伯胖 佐藤学 里見実 篠田直樹 菅間正道 鈴木和夫 竹内常一 千葉保 中西新太郎 野田正彰 濱崎タマエ 原田三好 平林浩 福田恵一 善元幸夫 依田彦三郎

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて