太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  書籍 >  おさるのトーマス、刑法を知る

「なるほどパワー」の法律講座
おさるのトーマス、刑法を知る
サル山共和国の事件簿

「なるほどパワー」の法律講座 おさるのトーマス、刑法を知る サル山共和国の事件簿

在庫あり

「なるほどパワー」の法律講座
おさるのトーマス、刑法を知る
サル山共和国の事件簿

発行日 2014年04月発行
判型 A5判・上製
頁数 136ページ
価格 本体2000円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0769-0
Cコード C8032

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • オムニ7
  • e-hon
  • Honyaclub
  • 版元ドットコム

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

法律は「なるほどパワー」=説得力の比べっこで使うもの──

架空の国・サル山共和国で起こる事件や出来事を通し、
法律の考え方と解釈を気鋭の法学者たちがわかりやすく解説。

既存の法律書や入門書と異なり、実際の条文を使いながら条文の先にある意義を知り、
「法律の考え方」「法律リテラシー」を育むことを目的とした、
小学校高学年から大人までのための、これまでになかった新しい法律の本。

刑法編では「刑罰の決めかた」、「共同正犯」(刑法60条)、
「罪刑法定主義」、「正当防衛」(刑法36条)を中心に
多数の条文を取り上げた物語を収録。
刑法がどのような根拠と理由に基づいて運用され、
何のためにそのようなルールとなっているかを解き明かします。

憲法編と2冊同時刊行。本文2色刷。

見本
ページ見本拡大

目次

第1話◎走って走ってケガさせて──どうして人に罰を与えるんだろう?
・爆走するウサギとサル
・暴走ゴリラとケガするおじいさん
・ゴリラの刑はどうやって決める?
【解説】刑法は取り扱い注意の法律
[なるほどパワー比べ]刑を重くする側、軽くする側

第2話◎ゲーム機をとりもどせ!──とちゅうでやめても共犯者なの?
・いっしょにやったら共犯だ
・とちゅうでやめても共犯か?
・共犯はなぜ「いっしょに処罰される」のか
【解説】処罰するには根拠が必要
[なるほどパワー比べ]レーマン先生、ヤスヒコ、ジュリア弁護士の主張

第3話◎校則に書いてないのに怒られた──法律に書いてないけど処罰する、は許される?
・書いてないことはやっていい?(1) 学校の決まりの場合
・書いてないことはやっていい?(2) 刑法の場合
・刑法と学校の決まりの違い 刑罰のつらさ
【解説】罪刑法定主義となるほどパワー
[なるほどパワー比べ]罪刑法定主義ができるまで

第4話◎あいつが先に手を出したのに!──正当防衛のしくみと限界
・どこまでやったら、やりすぎ?
・サルとゴリラの大ゲンカ
・正当防衛は、なぜ許されてる?
【解説】無罪にする方向の条文
[なるほどパワー比べ]マキシムの主張、ジュリア弁護士の主張

著者紹介

仲道祐樹(なかみちゆうき)

刑法学者。1980年生まれ。早稲田大学社会科学部准教授。研究テーマは、刑法の基礎原理。そもそも犯罪行為とはなにかに取り組み続け、最近は刑罰を使うことのできる理論的限界にも関心を持っている。著書に『行為概念の再定位』(成文堂、2013年)など。

山中正大(やまなかまさひろ)

イラストレーター。福岡県出身。愛知県立芸術大学卒業。

関連リンク

関連書籍

うさぎのヤスヒコ、 憲法と出会う
うさぎのヤスヒコ、 憲法と出会う

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて