太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  飯舘村の母ちゃんたち 土とともに[DVD]一般版

飯舘村の母ちゃんたち 土とともに[DVD]一般版

飯舘村の母ちゃんたち 土とともに[DVD]一般版

在庫あり

飯舘村の母ちゃんたち 土とともに[DVD]一般版

発行日 2018年01月発行
価格 本体3000円+税
ISBN ISBN978-4-8118-4033-8
Cコード C0836

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • オムニ7
  • e-hon
  • Honyaclub
  • 版元ドットコム

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

菅野榮子さんは79歳。孫に囲まれた幸せな老後を送るはずが、福島第一原発の事故で一転する。榮子さんが暮らす福島県飯舘村は全村避難となり、ひとりで仮設住宅で暮らすことになった。

支えは親戚であり友人の78歳の菅野芳子さんだ。芳子さんは避難生活で両親を亡くし、ひとりで榮子さんの隣に移ってきた。「ばば漫才」と冗談を飛ばし、互いを元気づける、2人の仮設暮らしが始まった。

榮子さんの信条は、食べるものは自分で作ること。ふたりで畑を耕し、トマト、キュウリ、芋、大豆、大根、様々な作物を収穫する。
かぶや白菜の漬物、おはぎ、にんじんの胡麻和え・・・、
「おいしいよ」と笑顔で食卓に手料理を並べる。村の食文化を途絶えさせたくないと、昔ながらの味噌や凍み餅(しみもち)の作り方を、各地に出向いて教えるようにもなった。

飯舘村では帰村に向けた除染作業が行われている。だが高い放射線量、変わり果てた風景・・・。ふたりは先の見えぬ不安を語り合い、泣き笑いながら、これからを模索していく。

監督の古居みずえは30年近くパレスチナの取材を続けている。特に女性や子どもに焦点をあて、『ガーダ パレスチナの詩』『ぼくたちは見た -ガザ・サムニ家の子どもたち-』など個人や家族に密着したドキュメンタリー映画を発表してきた。
本作でも、故郷を奪われた哀しみを抱えながら、たくましく生きる女たちを丁寧に見つめていく。
原発事故から5年、未だに10万人が避難生活を続ける。避難の長期化による孤立や分断が深まるなか、私たちに何ができるのか。本作を通じ、ともに“これから”を模索してほしい。

目次

本編95分+予告編2分
封入作品解説

著者紹介

古居みずえ(ふるいみずえ)

1948年島根県生まれ。 アジアプレス所属。 日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)会員。 1988年よりイスラエル占領地を訪れ、 パレスチナ人による抵抗運動・インティファーダを取材。 特に女性や子どもたちに焦点をあて、取材活動を続けている。 他にもインドネシア、アフガニスタン、アフリカの子どもたちを取材。 新聞、雑誌、テレビなどで発表。 2007年、映画『ガーダ パレスチナの詩』制作。 第6回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞受賞。 2011年、映画『ぼくたちは見た ガザ・サムニ家の子どもたち』制作。 坐・高円寺ドキュメンタリー大賞受賞。 <著書> 『インティファーダの女たち パレスチナ被占領地を行く』(彩流社)増補版 『ガーダ 女たちのパレスチナ』(岩波書店) 『ぼくたちは見た ガザ・サムニ家の子どもたち』(彩流社) 『パレスチナ 戦火の中の子どもたち』(岩波ブックレット・岩波書店) <写真集>『瓦礫の中の女たち』(岩波書店)

関連リンク

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて