太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  著者一覧 >  大島幸夫

大島幸夫(おおしまゆきお)

一九三七年、東京生まれ。

毎日新聞社社会部・編集委員・特集版編集部長などを経て、現在は同特別委員。

著書-

『沖縄の日本軍-久米島の虐殺』(新泉社)

『人間記録・戦後民衆史』(毎日新聞社)

『不屈の闘魂・張本勲』(スポーツニッポン新聞社)

『ドキュメント日韓ルート』(講談社)

『沖縄ヤクザ戦争』(晩聲社)

『勇気に風を』(毎日新聞社)など

発行日:

1 件

教師たちの犯罪 若いいのちが壊されていく

教師たちの犯罪
若いいのちが壊されていく

1979年、埼玉県上福岡で、いじめを苦にした中学1年の少年が空を飛んだ。そこに、現在に至る現実がすべて露呈している。現在もなお、なぜ、つぎつぎと事件は起こり、子どもたちは死へ疾走してゆくのか...

  • 1981年01月発行
  • 四六判・上製 296ページ
  • 本体 1748円+税
  • ISBN 978-4-8118-0022-6
  • C0036

在庫あり

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて