太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  著者一覧 >  平林浩

平林浩(ひらばやしひろし)

1934年、長野県・諏訪地方生まれ。子ども時代から野山を遊び場とする。1988年まで小学校教諭。退職後は「出前教師」として、地域の子ども・大人といっしょに科学を楽しむ教室を開いている。仮説実験授業研究会、障害者の教育権を実現する会会員。
著書に『仮説実験授業と障害児統合教育』(現代ジャーナリズム出版会)、『作って遊んで大発見! 不思議おもちゃ工作』『キミにも作れる! 伝承おも ちゃ&おしゃれ手工芸』『しのぶちゃん日記』(以上、太郎次郎社エディタス刊)など、津田道夫との共著に『イメージと科学教育』(績分堂出版)がある。

発行日:

6 件

平林さん、自然を観る

平林さん、自然を観る

まさに、左手にサイエンス、右手にロマンの人だ。 ──柳生博さん(俳優・日本野鳥の会会長・八ヶ岳倶楽部オーナー) ハシブトガラスと容器を隠しあい、台所に出たゴキブリを放っておいて毎晩再会を待...

  • 2016年04月発行
  • 四六判・上製 192ページ
  • 本体1700円+税
  • ISBN 978-4-8118-0791-1
  • C0045

在庫あり

「ひと」BOOKS エネルギーと放射線の授業

「ひと」BOOKS
エネルギーと放射線の授業

電気も選んで買える? 夏でも4℃を保つ非電化冷蔵庫って? さまざまな角度からエネルギーについて考え、放射線とは何かをきちんと知って身を守る。原発事故後の世界を生きるために、子どもとともに学び...

  • 2011年11月発行
  • A5判・並製 160ページ
  • 本体1800円+税
  • ISBN 978-4-8118-0749-2
  • C0037

在庫あり

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて