太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  著者一覧 >  山崎隆夫

山崎隆夫(やまざきたかお)

1950年、静岡県袋井市に生まれる。
1972年、東京都の職員となる。東京都品川区小学校教諭。
子どもたちの生きる姿と子どもの成長によせる父母の深い思いにたくさんのことを教えられ、人間として教師として育てられる。
◎共著
『教室の子どもたち』(一声社)、『「教え」から「学び」への授業づくり「3」国語』(大月書店)

発行日:

1 件

なぜ小学生が“荒れる”のか 学級解体の危機を超えて

なぜ小学生が“荒れる”のか
学級解体の危機を超えて

学級を襲った子どもたちの〈荒れ〉。身体に潜んでいた怒り・苛立ちを噴出させ、仲間も自分をも傷つけていく。子どもの内面の悲しみにより添いながら、その立ちなおりに希望をかけ、6年生を担任した2人の...

  • 1998年05月発行
  • 四六判・並製 200ページ
  • 本体 1800円+税
  • ISBN 978-4-8118-0642-6
  • C0036

在庫あり

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて