太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  著者一覧 >  新倉壮朗

新倉壮朗(にいくらたけお)

1986年生まれ。ダウン症に生まれ、筋力が弱いため3歳まで歩くことができなかった。11歳でサバールに出会い、毎日楽しく太鼓を叩き続けるうちに、筋肉隆々のがっしりとした腕になる。アフリカの楽器、サバール、ジャンベ、バラフォンのほか、ピアノやマリンバを演奏する。

年間20回近くになるコンサートでは「音の開放広場」をテーマに、エネルギッシュな演奏、ダンスを披露している。素朴で優しい線画を描く。フォトサロンで働きながら、障がいを持つ子どもたちを対象にリズム楽器で遊ぶ自然なスタ

発行日:

2 件

タケオ DVD ダウン症ドラマーの物語

タケオ DVD
ダウン症ドラマーの物語

▼アフリカン・ドラムを演奏するダウン症の青年タケオ 新倉壮朗(通称タケオ・24歳)は幼い頃から音楽が大好き!ホームビデオが捉えた彼の子ども時代は、いつも音楽と人々に囲まれています。アフリカ...

  • 2012年10月発行
  • トールケース
  • 本体3800円+税
  • ISBN 978-4-8118-4014-7
  • 0836

在庫あり

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて