太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  著者一覧 >  辻邦生

辻邦生(つじくにお)

作家。1925年、東京生まれ。57年から61年までフランスに留学。63年、『廻廊にて』で近代文学賞を受賞。こののち、『安土往還記』『天草の雅歌』『背教者ユリアヌス』など、歴史小説をつぎつぎと発表。95年には『西行花伝』により谷崎潤一郎賞を受賞。人物の心情を清明な文体で描く長編を数多く著す一方で、『ある生涯の七つの場所』『楽興の時十二章』『十二の肖像画による十二の物語』など連作短編も得意とした。1999年没。

発行日:

1 件

愛蔵版 DVD&ブック 花のレクイエム

愛蔵版
DVD&ブック 花のレクイエム

連作短編の名手でもあった辻邦生が晩年に紡ぎだした、花と死にまつわる12の物語を、声と音楽で呼びおこす愛蔵版。 著者を魅了した情感あふれる円熟の朗読。 名曲喫茶ヴィオロン秘蔵のSP盤が...

  • 2014年01月発行
  • 四六変形・函入 96ページ
  • 本体3600円+税
  • ISBN 978-4-8118-4061-1
  • 0895

在庫あり

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて