太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  著者一覧 >  友兼清治

友兼清治(ともかねせいじ)

1945年、神奈川県の川崎に生まれる。1968年、国土社に入社。数学教育協議会の担当編集者となり、遠山啓と出会う。
1974年、創設まもない太郎次郎社に移籍。月刊誌『ひと』の編集とともに「現代教育実践文庫」(通称「ひと」文庫)第1期の制作にたずさわる。また『遠山啓著作集』をはじめ、同社の遠山著作のほとんどを担当する。太郎次郎社代表取締役をへて、1990年よりフリー。

発行日:

1 件

遠山啓 行動する数楽者の思想と仕事

遠山啓 行動する数楽者の思想と仕事

遠山啓とはなにものか──。 1950年代から60年代、いまも読み継がれる『無限と連続』『数学入門』を著し、数学教育の改革を提唱して「水道方式」「量の体系」を創出。 障害児への教科教育の道を...

  • 2017年03月発行
  • 四六変・上製 400ページ
  • 本体3000円+税
  • ISBN 978-4-8118-0799-7
  • C0041

未刊予約受付中

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて