太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  書籍 >  かけがえのない、この自分

Taroブック・Jiroブック
かけがえのない、この自分

Taroブック・Jiroブック かけがえのない、この自分

在庫あり

Taroブック・Jiroブック
かけがえのない、この自分

発行日 1995年04月発行
判型 四六判・上製
頁数 216ページ
価格 本体 1456円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0451-4
Cコード C0010

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • e-hon
  • ブックサービス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • 版元ドットコム
  • Honyaclub

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

学校に絶望した若者、心を閉じる生徒に悩む教師、5段階評価に苦しむ子どもと母親、有名大学で留年しつづける学生……。さまざまな教育への問いをめぐって、人間を点数で序列づける病理をつき、再出発の原点をさししめす本。

目次

1-かけがえのない、この自分
2-母ひとり、子ひとりは、どう育つか
3-点数をつけない学校
4-競争心から好奇心へ
5-教育か、研究か
6-未来の学校
7-五段階相対評価のからくり
8-人質とはなにか
9-大きなからだに、小さなのぞみ
10-第三の差別
11-塾の思想
12-なんのために勉強するの?

著者紹介

遠山啓(とおやまひらく)

1909年、熊本県に生まれる。 1938年~1943年、海軍霞ヶ浦航空隊の海軍教授。 1944年~1969年、東京工業大学で数学を教える。 1949年、「代数関数の非アーベル的理論」で理学博士。 1951年、数学教育協議会を結成し、数学教育の改革運動をおこす。 “量の体系”“水道方式”など画期的な理論を生みだす。 その理論と実践は数学教育の分野を超えてはかりしれない影響をあたえた 1959年、『数学入門』(岩波新書)で毎日出版文化賞を受ける。 1962年、『数学セミナー』(日本評論社)を創刊する。 1968年ごろから障害児教育の研究に取り組み、“原教科”構想を打ちだし、障害児に教科教育の道を拓く。 1970年、東京工業大学 定年退職。同大名誉教授となる。 1973年、教育の全般的な改革をめざして月刊誌『ひと』(太郎次郎社)を創刊し、その編集代表となり、教育市民運動の中心となる。 1978年、明星学園理事。1979年9月11日、没。 ◎おもな著作 『遠山啓著作集』(全27巻+別巻2)、『競争原理を超えて』 『かけがえのない、この自分』『水源をめざして』(以上、太郎次郎社) 『無限と連続』『数学入門』『現代数学対話』『数学の学び方・教え方』(以上、岩波新書) 『さんすうだいすき』(全10巻+別巻3) 『算数の探検』(全10巻)『数学の広場』(全8巻+別巻1)(以上、ほるぷ出版) ほか多数。

推薦のことば・読者の声

30代・女性

『かけがえのない、この自分』読者の声

3人の子の母として、身につまされます。しかし、現時点においても、教育現場は、相変わらずの競争主義、テストのための勉強をおしつけてきます。少なくとも、私は、母として、そんなモノにふり回されず、子供を守って、のびのびさせてやりたいと再確認しました。

もっと見る

関連書籍

いかに生き、いかに学ぶか
いかに生き、いかに学ぶか

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて