太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  書籍 >  家庭で語りあうエイズの本

家庭で語りあうエイズの本
家族と,恋人と,友だちと

家庭で語りあうエイズの本 家族と,恋人と,友だちと

在庫あり

家庭で語りあうエイズの本
家族と,恋人と,友だちと

発行日 1992年09月発行
判型 四六判・上製
頁数 160ページ
価格 本体1456円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0530-6
Cコード C0036

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • オムニ7
  • e-hon
  • Honyaclub
  • 版元ドットコム

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

心配なこと、セックスのこと、病状のこと、検査のこと、感染した人のこと……。「大切な人と語りあうエイズ」という観点から、知りたいことが、Q&A方式でくわしく、わかりやすく語られる。一家に一冊、必携の本。

目次

はじめに…エイズ-恐怖から共存へ……桜井賢樹
序…エイズから子どもたちとあなたへ
結婚している私も、HIVに感染することがありますか?
子どもが、セックス以外で感染することはありますか?
セックスで感染することを、子どもにどう説明したらよいでしょうか?
HIVに感染している子どもでも、学校に行けますか?
◎子どもたちにエイズのことを話すときのために
[I]…エイズ、知りたいこと?  正しい理解と迷信と
[いま、エイズは]
HIVウイルスとエイズ、世界・アジア・日本の感染の状況について、答えます。
[ウソとホント]
エイズはいつ発見されたか、ウイルスはどこから来たか、外見で感染がわかるか……、エイズのウソとホントに答えます。
◎HIVの「ホント」

[II]…心配なこと、どんなこと? 感染する、感染しない
HIVは、どのように感染するか。セックス、輸血、注射、ピアス、鍼治療などについて正しい知識がわかります。
◎海外旅行とエイズとの関係
◎HIVは、これでは感染しない

[III]…どんなセックスか? 安全なこと、危険なこと
[安全なセックスへ]
“セーフセックス”についての詳しいガイドをお伝えします。
◎セーフセックスのためのガイドライン
[予防のためのコンドーム]
どんなコンドームを、どのように使えば安全か、教えます。
◎コンドームの安全な使い方
◎コンドームガイド

著者紹介

山中京子(やまなかきょうこ)

1954年生まれ。ソーシャルワーカー。 津田塾大学国際関係学科卒業、ハワイ大学大学院ソーシャルワーカー学科修士課程卒業。 ハワイ大学家族計画クリニックで、思春期の性と妊娠に関する相談活動にたずさわる。 帰国後、神戸市児童館こども相談員、大阪家庭擁護促進協会・思春期妊娠危機センター指導員、千葉県精神保健センター嘱託、千葉市児童相談所嘱託兼務を経て、現在、エイズにかかわるソーシャルワークに従事。 アメリカで「性」の相談活動にかかわって以来、広く「性」に関するソーシャルワークに深い関心をもちつづけている。

桜井賢樹(さくらいよしき)

1955年生まれ。医学博士。岡山大学医学部を卒業後、順天堂大学にて膠原病内科を専攻する。 1982年後半より米国・国立衛生研究所(NIH)に留学。このときエイズ医療と出会い、医学・社会の両面から取り組む決心をする。 帰国後、自治医科大学公衆衛生学教室助手を経て、1988年、「AIDS医療情報センター」の創立と同時に参加し、研究者や医療関係者への情報提供、講演、執筆などの活動を続ける。現在、エイズ予防財団勤務。 専門は公衆衛生学、臨床免疫学。

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて