太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  書籍 >  これでわかったビットコイン

これでわかったビットコイン
生きのこる通貨の条件

これでわかったビットコイン 生きのこる通貨の条件

在庫あり

これでわかったビットコイン
生きのこる通貨の条件

発行日 2014年04月発行
判型 A5判・並製
頁数 96ページ
価格 本体1000円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0772-0
Cコード C0033

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • オムニ7
  • e-hon
  • Honyaclub
  • 版元ドットコム

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

欠陥通貨? それともイノベーション?
2013年後半から相場の急騰で注目を集め、大手取引所の破綻後もホットな開発の話題が続くビットコイン。その将来はどこに向かうのか。
国の管理を超える大きな可能性から、その広がりが招く意外な陥穽まで、デジタル通貨の専門家が答える。

【入門編】ゼロからでも大丈夫。まずはよくある疑問から。
【使い方編】ビットコインが国境をとび越えるワケ
【そもそも編】通貨の革命か、危険な投資商品か、それとも…?
【しくみ編】取引を支える技術を徹底解説。このシステムの弱点は?

見本
見本
見本

目次

【入門編】
◎だれが発行しているの?
◎値段の上下はどうやって決まるの?
◎突然使えなくならないの?
◎どうして広まってきたの? これからは?
◎いま始めないと損?

【使い方編】
◎BTC はどうやって入手する?
◎《マイナー》(採掘アプリ) で参加する
◎《ウォレット》(財布アプリ) で使う
◎お釣り・両替はどうやっている?
◎匿名? 追跡可能?
◎ビットコインが盗まれたら?
◎取引に消費税や印紙税はかからない?
◎ビットコインで商取引のかたちが変わる?
◎これから大きくバージョンが変わったりしないの?

【そもそも編】
◎「貨幣」はすべて仮想のもの
◎「貨幣」はどのようにして生まれるか
◎国や銀行以外が貨幣を発行していいの?
◎ビットコインでは、なぜ発行量を決めているのか
◎85 人= 35 億人?! 「貨幣」自体の構造的欠陥
◎貨幣は「信用」をどこまで表現しているか

【しくみ編】
◎基礎技術「ハッシュ値」
◎デジタル署名とその使われ方
◎《マイニング》は何を保証するしくみ?
◎コインが誕生するしくみ
◎システムに欠陥は?

参考資料

著者紹介

斉藤賢爾(さいとうけんじ)

1964年生まれ。「インターネットと社会」の研究者。 日立ソフト(現 日立ソリューションズ)などにエンジニアとして勤めたのち、2000年より慶應義塾大学SFCへ。2003年、地域通貨「WATシステム」をP2Pデジタル通貨として電子化し、2006年、博士論文「i-WAT:インターネット・ワットシステム─信用を維持し、ピア間のバータ取引を容易にするアーキテクチャ」を発表。 現在は「人間不在とならないデジタル通貨」の開発と実用化がおもな研究テーマ。 慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。一般社団法人アカデミーキャンプ代表理事。 一般向けの著書に『不思議の国のNEO──未来を変えたお金の話』(太郎次郎社エディタス)がある。

関連書籍

不思議の国のNEO
不思議の国のNEO

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて