太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  読者の声一覧 >  『子どもの扉がひらくとき』(3)

愛知県名古屋市

『子どもの扉がひらくとき』(3)

「静岡自然を学ぶ会」の会報で小川浅子さんの「子どもの扉」を読んでいました。1冊の本になって、さらにいろんな方々に読んでいただけると思うとうれしいです。とても読みやすい構成で、ひと息に読みきりました。写真が掲載されている点もよかったです。子どものスバラシサを深く感じます。生きていくうえで大切なことが書かれていて、どの世代の方にとっても自分を見つめなおす機会になる本だと思います。出版してくださってありがとうございます。

関連商品

子どもの扉がひらくとき

子どもの扉がひらくとき

千葉県船橋市にある「モンテッソーリたんぽぽ子供の家」にはじめて訪れた大人たちは、子どもたちのようすに一様に驚く。作業=「お仕事」を自分で選び、とことん打ちこみ、最後までひとりでやりきる。その...

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて