太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  子どものための本・教材 >  モテる大人になるための50の秘密指令

モテる大人になるための50の秘密指令

モテる大人になるための50の秘密指令

在庫あり

モテる大人になるための50の秘密指令

発行日 2018年02月発行
判型 四六変・並製
頁数 192ページ
価格 本体1600円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0827-7
Cコード C8075

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • オムニ7
  • e-hon
  • Honyaclub
  • 版元ドットコム

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

親を観察、炊事に洗濯、家系図作成、デートの誘い、忍者……。
冒険好きのキミに、伝説のスパイから指令が届いた。
どんなミッションも、華麗に、かつスマートに。
秘密諜報員となって、口うるさい親たちにバレないように挑戦し、
モテる大人の秘密を入手せよ!

世界で500万部を突破した『ユリシーズ・ムーア』シリーズで知られる
児童文学作家・バッカラリオらが贈る、
ちょっぴり変わった”オトナ”体験ガイドが登場。

『13歳までにやっておくべき50の冒険』に続く、
イタリア発の人気アドベンチャーガイドシリーズ、待望の第2弾。

目次

【秘密指令リスト】

1●両親をスパイして、発見したものを報告せよ
2●インターネットで情報収集するのだ
3●Eメールを送れ
4●家にあるものすべてのリストを作成せよ
5●1か月間、体をきたえよ
6●手帳を使いこなせ
7●自分の住む町の地図をかけ
8●長い詩を暗記せよ
9●古いものを売って、お金をゲットせよ
10●行きたい場所を5つ選んで、旅行プランを立てろ
11●イチゴを育てて食べよ
12●道路標識の意味を読みとけ
13●大人の遊びを3つ覚えよ
14●針と糸で服を直せ
15●電球を交換せよ
16●みんなの前で演説するべし
17●ホームページをつくれ
18●手足の爪を切りそろえろ
19●路上パフォーマンスをせよ
20●レストランを予約してみろ
21●家中をピカピカにみがきあげよ
22●スーツケースに荷物をつめるのだ
23●バスか地下鉄で町を走りぬけよ
24●買いものにいけ
25●車のタイヤをとりかえるべし
26●お店を開け
27●洗濯機を手なずけろ
28●釘と金づちで壁に絵をかけるのだ
29●火を使わずに料理せよ
30●火を使って料理せよ
31●じいちゃんかばあちゃんの物語を書け
32●おしゃれの道を極めよ
33●応急処置の方法を学べ
34●忍者の動きをマスターせよ
35●マッサージの達人になれ
36●赤ちゃんのおむつをとりかえよ
37●デリバリーの食べものを注文せよ
38●あの子をデートにさそえ
39●キスをするのだ
40●小さい子にごはんを食べさせよ
41●食べものをこおらせて、解凍せよ
42●山に登れ
43●望遠鏡で土星を見るべし
44●5つの国の料理を味わえ
45●すみからすみまで新聞を読め
46●家系図をつくれ
47●ダンスをおどれ
48●美術館(博物館)にひとりで行け
49●あこがれの人に会いにいけ
50●朝日がのぼるまで、ねむるな

著者紹介

ピエルドメニコ・バッカラリオ(ぴえるどめにこ・ばっからりお)

1974年、イタリア、ピエモンテ州生まれ。児童文学作家。高校時代より短篇の創作をはじめる。15日間で書きあげた『La Strada del Guerriero(戦士の道)』で1998年にデビュー。以降、数々のベストセラーを世に送りだす。謎解き冒険ファンタジーである『ユリシーズ・ムーア』シリーズ(学研プラス)は、世界数十か国で翻訳されている。『コミック密売人』(岩波書店)で2012年度バンカレッリーノ賞受賞。
共著に本書の姉妹編『13歳までにやっておくべき50の冒険』(太郎次郎社エディタス)がある。

エドゥアルド・ハウレギ(えどぅあるど・はうれぎ)

1971年、イギリス、オックスフォード生まれ。作家・心理学者。遊びに笑いにお祭りさわぎが大好きな家族と、幼少期をマドリッドやロサンゼルスなどで過ごす。ユーモアの心理学に精通し、大学で教えながら、小説・映画・広告などの分野で活躍。つねに挑戦を楽しみ、宇宙飛行士になる日を夢見る。 『Humans on Trial(裁かれる人間たち)』ほか、著書多数。『The Most Wonderful Story Ever Written(すばらしき物語)』は、9歳から99歳までの少年少女のための冒険ファンタジー。

アントンジョナータ・フェッラーリ(あんとんじょなーた・ふぇっらーり)

1960年、イタリア、ロンバルディア州生まれ。長年、アニメ映画制作にたずさわったのち、児童書のイラストを担当するようになる。2007年、もっともすぐれたイラストレーターとして、イタリア・アンデルセン賞を受賞するほか、さまざまな有名コンクールで受賞多数。現在、イタリア児童文学の分野では、もっともよく知られたイラストレーターのひとり。日本語訳の絵本に『こころやさしいワニ』(岩崎書店)がある。

有北雅彦(ありきたまさひこ)

1978年、和歌山県生まれ。作家・演出家・翻訳家・俳優。大阪外国語大学でイタリア語を学ぶ。また、在学中にコメディーユニット「かのうとおっさん」を結成。映画や演劇などイタリアの文化的お宝を日本に紹介する「京都ドーナッツクラブ」のメンバーとしても活躍中。
訳書に『13歳までにやっておくべき50の冒険』(太郎次郎社エディタス)、ドーナッツクラブ名義の訳書としてはシルヴァーノ・アゴスティ『見えないものたちの踊り』(シーライトパブリッシング)などがある。

関連書籍

13歳までにやっておくべき50の冒険
13歳までにやっておくべき50の冒険

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて