太郎次郎社エディタス

書店様向け

HOME >  書籍 >  漢字の音よみ名人

初見の熟語がスラリと読める
漢字の音よみ名人

初見の熟語がスラリと読める 漢字の音よみ名人

在庫あり

初見の熟語がスラリと読める
漢字の音よみ名人

発行日 2018年03月発行
判型 四六判・並製
頁数 160ページ
価格 本体1400円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0534-4
Cコード C6081

オンラインで購入する

  • amazon.co.jp
  • 楽天ブックス
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • オムニ7
  • e-hon
  • Honyaclub
  • 版元ドットコム

直販で購入する

注文フォームへ

購入方法についてはこちら

内容

複雑にみえる漢字に、一瞬、とまどってしまうことはありませんか?
「あの漢字は“なにへん”だっけ?」と、迷うことはありませんか?

この本は、だれもがもつ、そうした悩みをたのしく解決し、むずかしい漢字や熟語もスラリと読める「音よみ名人」になるための本です。
書きとり練習も、反復の丸暗記も必要ありません。
漢字そのもののもつ法則性を知れば、どんどん読めてしまいます。

部首+音記号=形声文字。
難しいあわせ漢字も、この仕組みが理解できればしめたもの。

たとえば、
泊・舶・迫・拍……音記号は「白」(ハク)
期・基・旗・棋……音記号は「其」(キ)
共通の形をつかめば、少なく学んで多くわかります。

部首の使い分けも
「さんずい宿泊 ふねは船舶 しんにゅう迫力 てで拍手」
と、唱えことばでスッキリわかります。

108の音記号から、400の漢字と1700の熟語がつかめる!
たのしいイラストが満載の学習ブック。

著者紹介

太郎次郎社エディタス()

金子都美絵(かねこつみえ)

1963年生まれ、画工。民話や神話、古代の文字世界を描いてきた。
白川静文字学を画本にする仕事として『〈白川静の絵本〉サイのものがたり』(平凡社)、『【文字場面集】一字一絵』『絵で読む漢字のなりたち』(小社刊)などがある。子どもむけ刊行物の仕事に『漢字なりたちブック』全6巻、『新版101漢字カルタ』『新版98部首カルタ』『ようちえんかんじカルタ』(いずれも小社刊)など。
また、古代文字フォント「春秋-tsu」を制作、フリー公開している。

関連書籍

シリーズサイト

  • 漢字って、たのしい
  • らくらく算数ブック
  • 「ひと」BOOKS

太郎次郎社エディタスについて